柔道つれづれ

先日、大学の後輩のHPを観ていたら懐かしい写真がアップされていました

私が所属していた柔道同好会の先輩の結婚式の写真で、10年以上前のものでした

私(ロン毛)の右隣のスーツを着ている人が先輩で、柔道をしていた頃は

私の方が身長も10センチ以上高く、体重も20キロ以上重たかったにも関わらず

立っては背負いで投げられ、寝ては三角締めで締め落とされました

07[1]

先輩は、高校時代に大阪でベスト16に入り、強化選手として韓国遠征にも行ったそうです

思い起こしてみると、腰の回転の速さが尋常ではなく、背負い投げで投げられた時も全く見えませんでした

また大学の体育の柔道の先生は、あの山下に敗れたものの日本ベスト8になった方でした

柔道は組んだ際に相手の実力が分かるのですが、授業で先生と組んだ時には

「いまから死ぬんだなぁ~」と感じました

私は、これまでの人生の中で、2回そのような体験をしました

一人は柔道の先生

もう一人はパイエ先生でした

5年ほど前に初めてパイエ先生の手を持たせて頂いた時、同じ感覚を覚えました

不思議な体験でした!

↓  おまけ(完全に怪しい人ですね 今もそうですが(笑)

05[1]

柔道つれづれ」への2件のフィードバック

  1. ありがとうございます。 以前は柔道だったのですね。
    お疲れ様でした。 体感はいいですよね。
    何よりも勝る学びです。 おめでとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中